ゼニカルってご存知ですか?一時期テレビでも話題となった「食べたことをなかったことにしてくれる」オーリスタットという成分が入っている薬なんです。では、食べたことをなかったことにしてくれるなんて、一体どういうことなのでしょうか?調べてみました。

ゼニカルを拝む女性

心臓病のリスクをゼニカルで下げる、小顔体操

狭心症や心筋梗塞など、心臓病は命に即関わるものが多いです。
狭心症は心臓を取り囲んでいる冠状動脈の血管の内側が狭くなってしまい、うまく血液が心臓に供給できなくなる病気です。こうなると胸の痛みや肩こりといった症状が起こります。
さらに重症化すると、冠状動脈が完全に詰まってしまい、心筋梗塞が起こります。心臓を鷲掴みにされているような激しい痛みに襲われ、最悪の場合には死に至ります。
心臓病は死のリスクが高い病気です。脳疾患も怖いですが、もうひとつの人体の要である心臓に血液がいかなくなってしまう心臓病も恐ろしい病気です。
リスクをあげる原因になるのが、肥満です。肥満になると血液中の脂肪が多くなる脂質異常症になり、血液の粘度が上がる結果、血栓ができやすくなります。
まずは肥満を回避することが大切ということですが、自力でダイエットするには難しいものです。
そういう時に役立つのが、ダイエット薬のゼニカルです。ゼニカルは脂肪分解酵素リパーゼの働きを邪魔することで、脂肪が腸管から吸収できる分子サイズになるのを防ぎます。吸収されなかった大きなサイズの脂肪はそのまま便と一緒に体外に排出されます。
つまり、脂肪の多い食事を食べたときに体に吸収させる量を減らせるということです。だいたい、摂取した脂肪分のうち30%を未吸収にしてくれると言われています。
ダイエットをすることで期待できる効果のひとつに、小顔効果があります。ただ、体は痩せても顔だけは大きなままということもあります。こういう場合は、顔の筋肉をほぐすのが効果的です。筋肉をほぐすには、耳たぶを指でつまんで回すと良いです。これだけで全身の筋肉をリラックスモードにできます。

TOPへ戻る