ゼニカルってご存知ですか?一時期テレビでも話題となった「食べたことをなかったことにしてくれる」オーリスタットという成分が入っている薬なんです。では、食べたことをなかったことにしてくれるなんて、一体どういうことなのでしょうか?調べてみました。

ゼニカルを拝む女性

ゼニカルに副作用はあるの?

食べたい物を食べつつ、ダイエットできたら・・と考えた事がある方も少なくないでしょう。
ダイエットといえば辛い食事制限がつきものです。
摂取カロリーを控えなければ、なかなか体重や体脂肪は落とせません。
しかし、我慢し過ぎる食事制限によるダイエットは、ストレスも大きく長続きしない傾向にあります。
また、ストレスから暴飲暴食してしまい、せっかくへらした体重が一気に元に戻ってしまいかねません。
ダイエットを成功させるには、好きな物も我慢せず適度に食べる事が大切です。
食べながらのダイエットを成功させる秘訣として、おすすめしたいダイエット薬があります。
そのダイエット薬はゼニカルです。ゼニカルは欧米ではダイエットや体型維持の為、ポピュラーに服用される内服薬となっています。
食事の前か食後1時かに無いに服用すれば、食事に含まれる脂肪分の吸収を何と30%もカットしてくれるのです。
これだけ脂肪分の吸収が抑えられるという事は、揚げ物lや脂肪の多いお肉、スナック菓子などを少し食べ過ぎたとしても太り難くなります。
ただ、医薬品ですので副作用を起こす危険性があります。
副作用として多く見られるのが下痢です。
吸収されなかった脂肪が、便に含まれ柔らかくなってしまうのです。
また、ビタミンAやビタミンEといった脂溶性ビタミンの吸収も阻害されるので、肌荒れを引き起こしやすくなります。
この他に、稀にですが重篤な病気を招くケースがあるので注意しましょう。
肝機能障害や腎機能障害、胆石症といった病気がゼニカルの副作用として報告されています。
これらの病気を発症したという報告例は少ないものの、ゼニカル服用中には起こりうる副作用として覚えておきましょう。

TOPへ戻る